自社・競合他社のホームページの実力を計測するツール

ターゲットキーワード・関連キーワードの選定が終わると、次にそのキーワードで上位表示されているホームページはどこなのか、ホームページの実力はどのぐらいあるのかを調べてみます。

ホームページに実力があると、実力のないホームページと全く同じキーワードでSEOを行っていても上位表示されやすい傾向があります。

ライバル(競合他社)のホームページの実力をあらかじめ把握することで、自社ホームページでSEO対策を行った結果の仮説が立てやすくなります。

それでは、自社や競合他社のホームページの実力を調査するために便利なツールと活用方法を2点ご紹介します。

 

自社・競合他社のホームページの実力を詳細に分析するツール 〜SEOチェキ

先ほど、ホームページの実力とはそのホームページが本来持っている実力そのものであるというお話をしましたが、ホームページの実力をホームページごとに詳細に分析するツール「SEOチェキ」とその活用ポイントについて説明します。

 

▼SEOチェキ
http://seocheki.net/

seocheki.jpg

 

SEOチェキでホームページを分析するポイントは、次の点です。

 

  • PageRank(ページランク)
  • インデックス数
  • 被リンク数
  • Yahooカテゴリ登録有無
  • SEO内部施策具合
  • Google・Yahoo!の検索順位
  • キーワードの出現頻度 

上記の各項目ごとの詳細な説明とSEO上重要なポイントについては、近日中に配信いたします

これらの項目を総合的に把握して、GoogleやYahoo!といった検索エンジンは、ホームページの実力を判断しています。

もし、ターゲットキーワードで上位表示されているホームページがあり、 そのホームページの持っている実力がとても大きく、今後も自院のホームページがはるかに及ばないと判断できる場合、ターゲットキーワードの見直しも場合によっては検討しなおす必要が出てくるかもしれません。

なぜなら、ほとんどの検索エンジンユーザーは、検索結果の5位ぐらいまでしか見ないという調査結果もある通り、上位表示されなければ訪問者数・アクセス数が伸びないためです。

 

検索してくる訪問者を多くホームページに誘導するためには、ターゲットキーワードの検索結果で上位表示される必要があるのです。

 

 

ターゲットキーワードでの競合分析に 〜ピタゴラス

先ほど、SEOチェキというホームページの分析ツールをご紹介しました。

次に、ターゲットキーワードでどのようなホームページが上位表示されているか、そして上位表示されているホームページの傾向を人目で把握するための無料ツールをご紹介します。

 

▼ピタゴラス
http://www.pythagoras.bz/

pythagoras_s.jpg

 

ピタゴラスのキーワード入力欄にターゲットキーワードを入力し、検索ボタンを押すとそのキーワードでの検索順位が一覧表示されます。

 

pythagoras1_s.jpg

上記は、「整骨院・鍼灸院 ホームページ作成」という
キーワードで検索した結果を上位表示順に表示しています。

 

自院のホームページがターゲットキーワードで何番目ぐらいに表示されているのか。上位表示されているホームページの実力は自院のホームページと比べてどの程度かということが一目でわかります。

 

 

  • ページバックリンク数
  • Yahoo登録有無
  • キーワードの出現頻度 

 

上記の項目を総合的に把握して、GoogleやYahoo!といった検索エンジンは、ホームページの実力を判断しています。