治療院ホームページには「ひとけ」を出しましょう

来院を考えているお客さん(患者さん)は、必ず

「ここはどのような治療院なのか」

を知るために、ホームページ上を隅々まで見てから来院を判断します。

来院していただく前に、ご自身の院のイメージをあらかじめお客様に持っていただき、安心してご来院していただくことにつながります。

そこで役に立つのがこの「ひとけ」です。

もしホームページ上に「ひとけ」がほとんどなく、文字のみの殺風景なホームページだとしたら、不安に感じられる患者さんもでてくるはずです。

「ひとけ」とは、見る方に安心感を与えるために自社の状況を「視覚的に」アピールすることです。

「ひとけ」のあるホームページを見ることで、まだ来院前の方にも、既に行ったことがあるような臨場感を持っていただくことができ、来院決定の大きな要素とつながるのです。 

 

具体的には次の3点を心がけてみてください。

 

 

 

 

 

 

笑顔の顔写真付きのプロフィールを掲載しましょう。

リピーターでない限り、来院を考えられている方はどのような先生が自分を施術してくれるのか
わかる術があまりありません。

そこで、ホームページを訪れてくれる方に「院長先生」「スタッフ」の顔写真とプロフィールを
ホームページ上に掲載することで、あらかじめ知ってもらいましょう。

 

incyoaisatsu1.JPG

院長の挨拶は、顔写真付きで。院の運営に対する想いもしっかりとアピールしましょう。

 

 

staff.JPG 

スタッフの笑顔写真付きの紹介文を掲載が、閲覧者へ安心感をもたらします。

 

 

「院長先生」「スタッフ」の笑顔の顔写真や、仕事に対する思いを書いたプロフィール等を訪問者に事前に読んでいただくことで、初めて来院される方へ安心感をもたらすことにつながります。

実際の施術中の写真を掲載しましょう。

実際の施術風景の写真を掲載することで、来院前でもイメージを具体的に
持ってもらうことができます。

 

sejutsu.JPG

実際の施術風景を写真で掲載することで、来院前でもイメージを具体的に
持ってもらうことができます。
  

 

特に治療院へ来院する患者様(お客様)は、施術中体を預けることになります。

その施術についてのイメージを事前に施術中の写真を見せることで、持っていただくことで
施術に対する不安感を和らげることになります。

治療院に訪れたお客様の声を掲載しましょう。

来院された患者さんから、感謝のお手紙・お便り・メールをもらうことがあるかと思います。
それらのお手紙をホームページにも掲載しましょう。

もしお手紙をもらったのであれば、それをキャプチャした画像をそのままアップロードするのが
お勧めです。

 

voice.JPG

 患者様の声は、手書きのお便りのキャプチャ画像をつけるのがお勧めです。 


手書きの感謝のお手紙を見ることで、ホームページを閲覧している人へ信頼感を持ってもらうことができます。

その患者さんが常連様で、顔写真を掲載することが可能であればより、閲覧者に対して信頼感を持っていただくことができます。